幸福実現党 総務会長(兼)研修局長 やない筆勝公式サイト

line

心の力

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、新居浜市での講演の中で、幸福実現党が推薦しているこの動画の話をさせていただきました。1年半ほど前からネットで流行りだした動画です。ご覧になったことのある方も、多いかもしれません。

「自虐史観」という左翼思想に洗脳された方も、これを観ると、たった8分半で洗脳がとけるという、強力な解毒効果があります。

 

今、日本は中国や韓国から「歴史問題」というミサイルを撃ち込まれています。

そもそも、日本がいつまでたっても憲法9条の改正ができないのは、

「日本人は野蛮で悪い民族であるから、日本人に武器など持たせたらあっというまに他国を侵略し、大虐殺をするに違いない」

「だから日本に軍隊など持たせてはいけない」

という、偏見に満ちた思想を、中国や韓国、北朝鮮などの国が世界に広めているからなのです。

 

自分たちの侵略や虐殺行為を隠すため、また、日本に憲法改正をさせないために、彼らは必死になって「南京大虐殺」「従軍慰安婦」をでっちあげ、また戦後の日本人に対しては「自虐史観」というウイルスを植え付け、「自分たちは永久に軍隊を持ってはいけない、悪い民族なのだ」と思い込ませてきました。

 

中国による日本侵略が、絵空事ではなく現実味を帯びてきた今、私たち日本人は、戦後70年間近く、自分たちを縛り続けてきた自虐史観から、解放されなければなりません。

 

先の大戦は、本当はどのような戦争だったのか。

日本は本当に悪いことをしたのか。

 

これまで歴代政権がずっと避けて通ってきたこの問題に、今、幸福実現党は真正面から向き合い、日本のみならず、世界に問いかけています。

 

私たちがまず自虐史観という洗脳から解き放たれ、本当の歴史の真実を知ることによって、一人ひとりの心の力で世論が変わってゆくのです。

 

この映像のYouTubeのコメント欄には、自虐史観からの洗脳が解けた方々のコメントが、もう1500近くも寄せられています。ニコニコ動画には、さらに多くの書き込みがあります。多くの方が衝撃を受け、真実の歴史観に目覚め、左翼が植え付けていった呪縛から解き放たれていくようすが綴られています。映像に感激したユーザーによって、さらにコピーや転載が繰り返され、全体ではもう50万以上のアクセスがあるそうです。

 

この短い映像に込められたメッセージがすべての日本人の心に届いたとき、日本人は誇りを取り戻し、毅然とした態度で中国の侵略を跳ね除け、本当の意味で勝利することができると、私は信じています。

 

幸福実現党
総務会長(兼)研修局長
矢内筆勝

(やないひっしょう)

朝日新聞を退社後、幸福の科学に入局。主に広報部門を担当した後、月刊「ザ・リバティ」編集部を経て、広報局長、常務理事等を歴任。

NPO(非営利組織)「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」会長に就任。いじめ相談の傍らいじめ問題解決に向けて、全国でシンポジウムを開催。数多くのいじめを解決し、たくさんの子供たちと父兄の心を救済してきた。

主な著書としては、「いじめは犯罪!絶対に許さない」(お茶の水学術事業会)がある。

Follow me! 矢内筆勝facebook
  • 記事アーカイブ
YouTube やない筆勝チャンネル ニコニコ動画 やない筆勝チャンネル 沖縄・九州防衛プロジェクト
Follow me! 矢内筆勝facebook

y[Wgbv֖߂