幸福実現党 総務会長 やない筆勝公式サイト

line

北朝鮮の恫喝に、今こそ毅然とした決断を!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮の金正恩第一書記は、今、日米韓に対し「核戦争も辞さない」という恫喝外交を繰り広げています。これまでの脅迫から一段とエスカレートし、日本に対しても、主要都市の地名を名指しした上で、ミサイル攻撃を予告するなど、全世界を恐怖と混乱に陥れようとしています。

 

このような状況の中で、このたび、大川隆法総裁先生より、霊言「金正恩の本心直撃!」を賜りました。

 

(当霊言は4月18日(木)より、全国の幸福の科学の支部・拠点にて開示されています。
ぜひ多くの方の拝聴をお勧めいたします。)

 

※霊言開示の詳細はこちらから
http://info.happy-science.jp/lecture/2013/7765/

 

霊言の収録が行われた直後、私はその足で早速、首相官邸前に立ち、安倍総理および日本政府に対し、日本のとるべき道について、お訴えをさせていただきました。

 

〈街宣要旨〉

 

北朝鮮は、アメリカ本土に届く核兵器をまもなく完成させようとしています。

これはいったい何を意味しているのでしょうか。

アメリカはもはや、自国民を犠牲にしてまで、日本を守ってはくれないということです。つまり、「アメリカの核の傘」は崩壊したということなのです。

 

また、万が一、日本に向けて核ミサイルが発射された場合、自衛隊はPAC3での迎撃体制を取ることになっていますが、現実的な問題としてPAC3によってすべてのミサイルを100%迎撃することは、ほとんど不可能であると言われています。

 

もはやアメリカを頼ることはできない。
しかも、自衛隊による迎撃システムでは、ミサイルを完全に打ち落とすことはできない。

 

では、日本国民を守るために、日本はいったいどうすればよいのでしょうか?
日本政府に残された道は、ただ一つです。
悪意を持って日本を攻撃・侵略しようと狙っている国に対しては、その基地を確実に叩くための敵地攻撃能力を、日本がみずから保有することです。

 

安倍総理は現在、北朝鮮の恫喝に対し、先頭に立って頑張っておられますが、ぜひ次の参議院選挙では、この国防問題を選挙の争点にして戦うべきであると思います。

 

危機は目前に迫っています。
日本は今こそ、自分の国を自分で守る国家に、立ち戻らなければいけません。
今が、その「決断の時」なのです。

幸福実現党 総務会長
矢内筆勝

(やないひっしょう)

朝日新聞を退社後、幸福の科学に入局。主に広報部門を担当した後、月刊「ザ・リバティ」編集部を経て、広報局長、常務理事等を歴任。

NPO(非営利組織)「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」会長に就任。いじめ相談の傍らいじめ問題解決に向けて、全国でシンポジウムを開催。数多くのいじめを解決し、たくさんの子供たちと父兄の心を救済してきた。

主な著書としては、「いじめは犯罪!絶対に許さない」(お茶の水学術事業会)がある。

Follow me! 矢内筆勝facebook
  • 記事アーカイブ
YouTube やない筆勝チャンネル ニコニコ動画 やない筆勝チャンネル 沖縄・九州防衛プロジェクト
Follow me! 矢内筆勝facebook

y[Wgbv֖߂