幸福実現党 総務会長 やない筆勝公式サイト

line

ニュース

オウム事件から20 年~いま、明かされる地下鉄サリン事件解決の真実~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オウム事件20年~いま、明かされる地下鉄サリン事件解決の真実~
「THE FACT」が公開されました。
https://youtu.be/pXqhAikR2zY

オウム事件を解決に導いた幸福の科学の活動について、事件後20年を経て、その全貌がついに明かされました。

実は当時、上九一色村に潜入した私と調査チームの仲間たちは、コンビニのトイレで偶然、オウム信者が忘れていったポーチを発見しました。その中にはなんと、「(当時のオウムの内部組織である)科学技術省」の身分証明書と、サリン製造の証拠となる資材や化学薬品等の取引業者約200社の会社のリストがありました。このリストが一つの決め手となり、警察と公安当局がオウムがサリンを製造していると確信し、強制捜査へと踏み切った可能性があります。

また当時、日本全国の幸福の科学の会員の皆さんが、「警察はオウムへの強制捜査を1日も早く行うべき」と訴える、デモやチラシ配布活動を全国で繰り広げられました。こうした信者の皆様の、文字通りの「命を懸けた行動」が、この日本をオウムの魔の手から守ったのです。

番組では、事件を振り返って元公安委員長が「1年遅かったら、日本民族が滅亡するところだった」と語ったといいますが、まさにそのような危機迫る事件だったと思います。

あのオウム事件の解決の影に、実は幸福の科学という宗教団体の存在と、その教えを信じる信仰者たちがいたという事実を、改めて多くの人たちに知って頂きたいと思います。

<「ザ・ファクト」より>

誘拐事件の被害者救出のため独自調査を開始

オウムのサティアンがあった地域に急行した

オウムのサティアンがあった山梨県の旧上九一色村。かつて、この地域でサリンが作られていました。拉致監禁が行われている危険なこの地に踏み入るマスコミは、当時皆無でした。しかし幸福の科学職員は、假谷さん救出のために村に急行。独自調査を進めました。

捜査を大きく進展させた証拠の発見

この調査の中で、オウムの科学技術省に所属する信者のポーチが発見されます。その中には、オウムが取り引きする業者のリストが含まれていました。

上九一色村を取材していた幸福実現党総務会長(兼)出版局長の矢内筆勝氏は

「コンビニのトイレの中に棚がありまして、そこにポーチがあったんです。中に身分証明書が入っていて、オウムの職員のものだとわかりました。

オウム08

オウム09

そのほかに、住所録みたいな手帳が入っていたんです。そこに、おそらくオウムが取り引きをしているであろう、建設関係や化学関係といったサリン製造に関わるとみられる会社名が200ほど書いてありました。それで、その手帳を私たちは警察のほうに届けたんです」と証言します。

オウム10

オウム11

このリストを提出したことにより、警察の捜査は大きく進展。幸福の科学の活動は、批判を恐れる警察への大きな後押しとなり、上九一色村サティアンへの強制捜査が決定しました。

今こそ、真なる主権国家として立ち上がろう!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍首相は第二次安倍内閣を「危機突破内閣」と名付けました。これまで幸福実現党が打ち出して来た、デフレからの脱却、外交立て直し、震災復興、原発政策の再構築等について、そのまま内閣の政策課題としています。
安倍首相は「安全運転」を心がけているとも言われていますが、現在は経済・金融政策的側面の打ち出しが強く、国防・安全保障についての打ち出しが明確には見えて来ません。
しかし、日本を取り巻く安全保障環境は急を要しており、安倍首相は十分には「国難」の正体についての認識をお持ちではないように見受けられます。
 
◆「国難」の正体とは何か
今、日本は過去に経験したことのない「国難」、すなわち、国家存亡の危機に直面しています。
それは経済の低迷や国政の混乱といったことがかすむような、「国家そのものが地上から消滅してしまうかもしれない危機」であります。
あえてこの国難に匹敵する危機を挙げるとすれば、幕末でありましょう。
当時、大航海時代以来の西洋列強の帝国主義によって世界の植民地化が進んでいました。
イギリス、フランス、スペイン、アメリカ、ロシア、そうした列強によって、アジア、アフリカ、南米の国々は植民地にされ、人々は収奪され、奴隷にされ、殺されていきました。
そうした西洋列強の侵略から日本を守り、西洋諸国に負けない新しい独立国家をつくろうとしたのが、明治維新であり、その主役となったのが、坂本龍馬や吉田松陰、西郷隆盛、勝海舟といった志士達でした。
現代の日本は、その幕末以上の危機に直面しています。どこからの危機か――一衣帯水の隣国「中国」です。
 
◆「大中華帝国」の再興を狙う中国
中国は1978年の鄧小平による改革開放路線によって、それまでの社会主義経済を捨て、市場経済体制に移行しました。
その経済成長は目覚ましく、この二十年のGDPの成長率は実に10%前後で、GDPはすでにドイツ、日本を抜いて世界第二位の経済大国になっています。
そして中国はその経済力をバックに、驚異的なスピードで軍事力を強大化させ続け、国防費はすでに日本の防衛費の二倍から三倍となり、アジア最大の軍事大国へと変貌しました。
その目的は何か――それは、かつての「大中華帝国の再興」であり、日本併呑まで視野に入れた、アジアの覇権国家の実現です。
「中華」とは、中国(中華)が世界の中心であり、漢民族以外の異民族は漢民族帝国に膝を屈するものとする思想です。
そこから歴史的な「羈縻(きび)政策(羈は馬の手綱、縻は牛の鼻綱。羈縻とは、手綱・鼻綱で周辺諸国を中国から離反しないように、つなぎ留めておく意味)」や「冊封体制(中国の皇帝が周辺諸国の君主と名目的な君臣関係を結ぶこと)」が生まれました。
「帝国」とは、一人の権力者がその強大な権力によって、自国民のみならず、異民族をも支配する状態を言います。
「覇権」とは、天下に向かい号令をかける権利のこと、あるいはその権利がある状態を指します。
かつて中国史上において、秦、漢、隋、唐、明、清などの王朝が、漢民族居住地域を越えた領域を支配し、アジア全域に影響を及ぼしたように、中国は今、その経済力と軍事力をバックに、再び周辺諸国を支配し、アジアの覇者にならんとの誘惑に駆かられているのです。
 
◆今こそ、真なる主権国家として立ち上がろう!
私は中国をいたずらに敵視したり、戦争を煽りたいわけでは全くありません。私個人としては、孔子や孟子など多くの思想家を輩出した中国文明には一定の尊敬の念を持っており、中国人の友人も数多くいます。
しかし、ここまで露骨な軍備拡張を行われては、「専守防衛」の立場から考えても、問題視せざるを得ません。
日本もまた国家として、国民と国土を守らなければならないのです。
私達は、そうした中国の「わがままな」拡大主義の前に膝を屈するわけにはいきません。
「自分の国を他国の植民地にはさせない」という、強い意志と気概を持たなければならない時を迎えているのです。
なぜなら、中国は共産党の一党独裁国家であり、マルクスの共産主義思想を核にした唯物論国家です。
その属国となることは、日本がチベットやウイグルと同じ運命をたどる――宗教も、言葉も、歴史も、自由も、思想も、土地も、資源も、全て奪われ、民族全体が奴隷のように扱われ、虐殺され、支配される――ことを意味します。
何よりも今、私たち日本人に求められていることは、自分たちが置かれている状況を理解することです。
つまり、2250年前に始皇帝が興した「秦」にも似た覇権主義の帝国・中国が台頭している現実を直視することです。
私たち日本国民は、このままであれば、十年後、二十年後には日本という国は、中国に呑み込まれて滅びる可能性が極めて高いという事実を知り、今こそ、真なる主権国家として立ち上がるべきであります。(文責・矢内筆勝)
 
[HRPニュースファイル509]今こそ、真なる主権国家として立ち上がろう!
http://www.hr-party.jp/new/2013/32927.html

尖閣最新情報

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石垣島の情報によると、現在、約40隻の海保の巡視船が出て、中国船の上陸を絶対阻止しようとしています。
また、自衛隊の艦船も近辺で待機し、出動命令に備えているとのことです。
最新情報は、沖縄・九州防衛プロジェクトブログへ。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
★尖閣のニュース★
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
・中国の海洋監視船10隻、尖閣周辺の接続水域内に(日経)
http://s.nikkei.com/QykJEK
・尖閣沖の接続水域に中国船 さらに9隻入る(NNN)
http://bit.ly/QVSTEr
・中国海洋監視船2隻も接続水域に=近くにさらに4隻―尖閣・魚釣島(時事)
http://bit.ly/PNlKvh

基地があるから危険?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

━━━━━━━━━
■中国のニュース
---------------–
・中国、釣魚島周辺含む53の漁場で海洋予報を実施(朝日新聞)
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201205210195.html
・海洋観測管理条例成立、魚釣島観測は「わが国の責務だ」=中国(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0521&f=politics_0521_005.shtml
・中国国防省、中国の軍事力報告書の発表停止を米に要求(中国国際放送)
http://japanese.cri.cn/881/2012/05/21/141s192810.htm
・米国が中国の軍事にかかわる年次報告書を発表、中国が反論(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0521&f=politics_0521_010.shtml
・中国共産党 今秋党大会前に2つの勢力による権力闘争激化中(SAPIO)
http://www.news-postseven.com/archives/20120521_108908.html
・フィリピン「日本が巡視船10隻を供与」(人民日報)
http://j.people.com.cn/94474/7822167.html
・対中領有権紛争、「フィリピンは宣戦布告しない」と駐香港同国総領事―香港メディア(レコードチャイナ)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=61454&type=
・米国防総省、サイバー攻撃は「中国政府が行っている可能性高い」(FNN)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00223623.html
・中国の新型ステルス戦闘機、原型1号機を一部改良(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0521&f=politics_0521_003.shtml
・米大使館駆け込み、計画せず=日本政府に外交圧力期待―陳光誠氏救出劇の全容(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120521-00000076-jij-int
━━━━━━━━━
■北朝鮮のニュース
---------------–
・「危険な緊張状態」 韓国への戦術核再配備で北朝鮮が警告(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120521/kor12052114330002-n1.htm
・北朝鮮政治犯収容所の地獄風景 脱北者がスケッチで人権状況を告発(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120520/kor12052018000001-n1.htm
・黄海道餓死者発生、喪中による市場閉鎖の影響大(デイリーNK)
http://japan.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk00100&num=16364
・北朝鮮の中国漁船解放 要求の「身代金」支払われず(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/440/152440.html?servcode=500&sectcode=500
・日韓の軍事協定締結を激しく非難「百年の宿敵と結託」=北朝鮮報道(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0521&f=politics_0521_017.shtml
・北は核実験を諦めたのか 中国がブレーキ? 権力移行を控え混乱回避(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120521/kor12052108240000-n1.htm
・核実験の際は即安保理招集、G8が対北朝鮮の声明発表(東亜日報)
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012052121798
・金正日の直筆書簡「旧ソ連の科学者を待遇すべき」…核・ミサイル開発ため(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/439/152439.html?servcode=500&sectcode=500
・拉致で実務者協議要請(新潟日報)
http://www.niigata-nippo.co.jp/world/main/2012051801002342.html
━━━━━━━━━
■韓国のニュース
---------------–
・慰安婦記念碑 碑文に「20万人少女拉致」(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0520&f=politics_0520_012.shtml
・避難対象の民間人は22万人、在韓米軍の韓半島有事の疎開計画が明かに(東亜日報)
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012052121768
・日本と軍事情報包括保護協定を協議中=韓国国防部(聯合ニュース)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2012/05/21/0400000000AJP20120521002500882.HTML
━━━━━━━━━
■沖縄のニュース
---------------–
・沖縄教育は「反日」と「親中」のセットと教育専門家評する(SAPIO)

http://www.news-postseven.com/archives/20120521_108916.html

━━━━━━━━━
■安全保障のニュース
---------------–
・中国海軍が砲撃してきたら… 日本滅ぼす「101本目の法律」(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120521/plc12052110580002-n1.htm
・ミサイル防衛の初期運用開始を宣言 NATO首脳会議 ロシア、反発も(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120521/amr12052111260004-n1.htm
━━━━━━━━━
■社会のニュース
---------------—
・富士山直下に未知の断層 山体崩壊の警戒必要(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120521/dst12052109110002-n1.htm
・富士山 「3年以内に噴火が起きる可能性かなり高い」と専門家(zakzak)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120521/dms1205211601011-n1.htm
・“金環日食”どころじゃない!“太陽の大異変”が地球を襲う(zakzak)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120521/dms1205211141002-n1.htm
・原発「将来ゼロ」、最多の4割=再稼働判断、信頼できず―時事世論調査(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120521-00000077-jij-pol
〓〓〓〓〓〓〓〓〓
基地があるから危険?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 沖縄における基地反対派の方々の一環した主張は「基地がある限り、沖縄に平和は訪れない」「基地さえなければ平和で安心な生活ができる」というものだ。
本当にそうなのだろうか?
「基地があるから危険なのではない。むしろ、基地があるから沖縄は守られているのです」
と、語気を強めて警告を発しているのが、元防衛大学校教授の本村久郎氏である。
 本村氏は、今月13日に緊急発刊された書籍『迫り来る!中国の侵略から沖縄を守れ!』(幸福実現党出版局・著)の中で、次のように述べている。
「『米軍基地があると、中国の攻撃対象になるから危険だ』という考え方は、間違っています。むしろその逆で、中国は、米軍のいる所だけは攻撃したくないのです。
 なぜなら、今の時点でアメリカと戦ったら、中国に勝ち目はないからです。そのことを中国もわかっている。だから、本当は米軍基地があるほうが安全なのです。」
「もし海兵隊がいなくなれば、すかさず中国は「我が領土、沖縄を取り戻すのだ」と言って、堂々と沖縄に入ってくるでしょう。沖縄を爆撃する手間も省け、既に潜入しているスパイが要人を暗殺し、いとも簡単に沖縄を占領すると思います。」
米軍基地があるから危険なのではなく、米軍基地があったから、今まで中国は沖縄に手を出せなかったのだと、本村氏は断言する。
 戦後67年間、日本に平和な時代が続いたのは、平和憲法のおかげではなく、日米同盟があったためである。
 これまでの日本の歴史の中で、まったく戦争のない平和な時代がこれほど続いたことは、稀有なことと言える。
 しかし、この奇跡のような平和な時代も、中国のあからさまな軍拡とアジア諸国への侵略活動の活発化により、そろそろ終わりを迎えようとしている。
 日本はまもなく戦国時代に放り込まれようとしている。戦後世代の日本人が、初めて経験する「有事」「国難」に、私たちは万全の態勢で備えなければならない。
 本書は、その事実に目を向け、日本国民の覚醒を促す一冊となることだろう。

★参考映像(YouTube)
「基地があるから」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ★新刊案内★
〓〓〓〓〓〓〓〓〓
新・通訳捜査官 (経済界新書)

報道されない沖縄 沈黙する「国防の島」

危機―平和ボケ日本に迫る

日本を守る!ニュース速報 創刊

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもブログでご紹介しているニュース速報が
まぐまぐでも購読できるようになりました。
題して、「日本を守る!ニュース速報」(無料メルマガ)
新聞やテレビだけではわからない、ネット上にあふれるニュースや映像、
イベント情報などをまとめて、ほぼ1日1回配信されます。
緊急ニュース発生時には、臨機応変に速報が配信されるとのことです。
お知り合いに、どうそおすすめください。

メルマガ購読・解除
 

━━━━━━━━━
■中国のニュース
---------------–
・櫻井よしこ 日本に内政干渉を続ける中国は宗主国のつもりか(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20120520_109249.html
・東京都の尖閣購入、都議員の多くが態度保留で中国の声は…(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0520&f=politics_0520_007.shtml
・中国の核心的利益、その実態を解き明かす(JB-PRESS)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35244
・中国政府が警戒した薄熙来氏と軍のつながり(ウォール・ストリート・ジャーナル)
http://jp.wsj.com/World/China/node_445509
・台湾・馬英九総統就任式 中国との安定した関係さらに進める考え(FNN)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00223667.html
・蔡英文・前民進党主席が馬英九総統に対し公開書簡発表、「1国2区」に反対(台湾通信)
http://taitsu-news.com/front/bin/ptdetail.phtml?Part=top12051708&Rcg=40131
・陳光誠氏、米国に到着 米中の対応に「感謝」表明(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/30006648.html
・夕刊フジの薄熙来氏単独インタビュー 中華圏で波紋を呼ぶ(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20120520_109320.html
━━━━━━━━━
■社会のニュース
---------------—
・東京都の浄水場でも送水停止 断水の影響なし(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120520/trd12052012420008-n1.htm
・ワイドショーの見事な印象操作テクニック(池田信夫Blog)
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51790008.html

中国民間団体が尖閣上陸要員を募集

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信によると、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の中国領有権を主張している中国の民間団体「中国民間保釣連合会」がミニブログ「微博」で、尖閣諸島への上陸要員の募集を行っていることが25日分かりました。今年6月には、関係者による集会も予定されています。
中国メディアによると、東シナ海を管轄する上海海事局の幹部は同海での航空パトロール活動について、今年は排他的経済水域(EEZ)の200カイリまで範囲を拡大すると表明。尖閣諸島やガス田「白樺」(中国名・春暁)など日中間で摩擦になっている海域も対象にする計画で、中国当局がこれを実施すれば、緊張が高まる可能性もあります。
今年6月近辺には解散総選挙が近いとも言われており、ちょうどこうした日本国内の政治空白を狙って、中国がまた一歩、駒を進めてくる可能性もあります。2010年の尖閣漁船衝突事件の失態を繰り返さぬよう、万全の警戒と有事即応体制が求められます。
※関連記事
・尖閣上陸へ要員募集=日本の議員の動きに抗議―中国民間団体(時事通信)
http://bit.ly/wu39pd
・中国:東シナ海の航空機巡視、尖閣海域に拡大(毎日新聞)
http://bit.ly/x6wKlv
・中国海事局のパトロール、日中係争中の海域にも拡大へ(朝日新聞)
http://bit.ly/xu5d7h
・尖閣領有権は「核心的利益」 中国、日本は影響注視(中国新聞)
http://bit.ly/wmm3Bc
1/25のニュース
━━━━━━━━━
■中国のニュース
---------------—
・200カイリまで巡視範囲拡大 中国の海事局、東シナ海で(共同通信)
http://bit.ly/zssy1w
・中国共産党の北朝鮮的チベット支配=100万枚の領袖像配布で個人崇拝強要
(kinbricksnow)
http://bit.ly/zYeJUV
・韓国史は中国史に組み込まれるのか(朝鮮日報)
http://bit.ly/wvvUGD
・カム、ダンゴの続報/今日セルタでデモ、当局の発砲により5人死亡か?(チベットNOW@ルンタ)
http://bit.ly/xw6aNn
・「真実歪曲」と中国 チベット族と警察衝突で(産経新聞)
http://bit.ly/zmhKal
━━━━━━━━━
■北朝鮮のニュース
---------------—
・北、29歳の金正恩に「父なる」の呼称 (デイリーNK)
http://bit.ly/zeYQ7s
・「中国軍、北朝鮮有事に2時間内に平壌入り可能」 朝日新聞報道(東亜日報)
http://bit.ly/wJRHMg
・ユニセフ「北の児童80%以上が栄養失調」(デイリーNK)
http://bit.ly/xbbmgt
・「日本の北報道を考える」集いで指摘(朝鮮新報)
http://bit.ly/zqDNBV
・在外選挙中 脱北者の中国公館立ち入り禁止へ(KBSワールドラジオ)
http://bit.ly/zTxsdA
・脱北者の韓国公館進入阻止、選管が総選挙在外投票中の実施を検討(東亜日報)
http://bit.ly/xmNkoD
━━━━━━━━━
■安全保障のニュース
---------------—
・サイバー攻撃の即応チーム、全省庁に設置方針(読売新聞)
http://bit.ly/Akk6rn
━━━━━━━━━
■原子力・放射線のニュース
---------------—
・民主:原子力「規制庁」に 「安全庁」から方針転換 (毎日新聞)
http://bit.ly/wTuiJv
・東日本の送配電一体運用=東京、東北、北海道3電力再編―政府検討(時事通信)
http://bit.ly/wxviKq
・世田谷ラジウム:除染のめど立たず 地権者、費用に困惑(毎日新聞)
http://bit.ly/wdVHQJ
・<川内村>31日帰還宣言へ…避難区域で初 「早すぎる」も(毎日新聞)
http://bit.ly/yXBZnp
・経産相:反原発テント 「撤去」を要請(毎日新聞)
http://bit.ly/wXSvwN
・震災議事録:緊急本部も未作成か 原子力本部に続き(毎日新聞)
http://bit.ly/zQXxrZ
━━━━━━━━━
■社会のニュース
---------------—
・嵐・櫻井翔が国粋教師役に挑戦 同僚役にAKB大島優子(産経新聞)
http://bit.ly/xdLnJ2

北朝鮮で反体制ビラ、非常警戒態勢か

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日放送によると北朝鮮でキム・ジョンウン氏への権力世襲を非難するビラが撒かれ、非常警戒態勢が敷かれているようです。
脱北者支援団体のト・ヒユン代表は中朝国境地帯で調査にあたる中国消息筋からの情報として、18日未明、北朝鮮北部の町・チョンジンにあるキムチェク製鉄所の付近で「ジョンウン体制では未来がない」などと書かれたビラが大量に撒かれたことを明らかにしました。
これによってチョンジンに通じる道路が封鎖されるなど非常警戒態勢が敷かれ、首都・ピョンヤンの治安当局も動員した大規模な犯人捜しが行われているということです。
アメリカ系の自由アジア放送もハムギョン北道の消息筋の話として、「チョンジンでビラが撒かれ、非常事態となっている」などと報じています。
1/20のニュース
━━━━━━━━━
■安全保障のニュース
---------------—
・「半世紀で最大のスパイ事件」カナダ軍将校逮捕(読売新聞)
http://bit.ly/xu1lDO
━━━━━━━━━
■北朝鮮のニュース
---------------—
・金正恩氏批判ビラ発見か 北朝鮮・清津 道路封鎖し「犯人」探し(産経新聞)
http://bit.ly/zntXjQ
・北朝鮮、「金正恩打倒」のビラで大騒ぎに(中央日報)
http://bit.ly/wTQrQr
・北朝鮮で正恩氏中傷ビラ=「この体制では未来ない」(時事通信)
http://bit.ly/y62dcw
・北「李明博は戦争狂人」 (デイリーNK)
http://bit.ly/y7LMlU
・麻薬密輸容疑の邦人2人、北朝鮮から帰国 新体制の一つの変化?(産経新聞)
http://bit.ly/A6amGF
・北朝鮮不審船で発見の男性遺体 遺骨を朝鮮総連に(テレビ朝日)
http://bit.ly/zb6nc7
・北朝鮮で拘束の邦人帰国=拉致担当相(時事通信)
http://bit.ly/zzoMz5
・大赦対象に多くの脱北失敗者も(デイリーNK)
http://bit.ly/zrcPMe
・朝鮮総連幹部を主賓級もてなし 金総書記の追悼夕食会(産経新聞)
http://bit.ly/yYPGgx
・朝鮮中央通信社論評、 罪悪に罪悪を積み重ねる逆徒は天罰を免れない(朝鮮中央通信)
http://bit.ly/xJpLHZ
・グレグの発言が物語る「天安」号事件の真相(朝鮮中央通信)
http://bit.ly/AqM4mU
━━━━━━━━━
■中国のニュース
---------------—
・中国本土客向け商用マルチビザの発給条件を緩和、ビジネス交流活発化に期待―台湾(レコードチャイナ)
http://bit.ly/yEBLMr
・次の4年間で台湾の地位が決まる=習近平が求める「見返り」を馬英九は拒否できない(kinbricksnow)
http://bit.ly/wdtPrH
・ロシア大統領顧問「中国の脱退運動」に着目(新唐人テレビ)
http://bit.ly/zCKrOJ
・中国の最新型原発、来年末に稼動か 世界初のAP1000(大紀元)
http://bit.ly/wCbLRp
・米国大使、中国人権状況悪化を指摘 中国側は強く反発(大紀元)
http://bit.ly/zrwW7Z
━━━━━━━━━
■沖縄のニュース
---------------—
・教科書問題 育鵬と東書比較  教育自治を守る会 市に全戸配布へ(八重山日報)
http://bit.ly/xeUtry

【速報】北朝鮮が日本海にミサイル3発発射

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜中に速報が入ってきました。
産経新聞からの転載です。
■北朝鮮がミサイル3発 日本海に短距離弾発射
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120113/plc12011301380000-n1.htm
 北朝鮮が11日に日本海に向け、短距離弾道ミサイル3発を発射していたことが分かった。複数の日本政府高官が12日、明らかにした。改良型ミサイルの発射試験とみられる。北朝鮮は金正日総書記の死去を発表した昨年12月19日にも2発のミサイルを発射しており、日本政府は今回発射した3発は総書記の死去発表により延期していたミサイルだったとみている。
 ただ、北朝鮮外務省は今月11日、国営メディアを通じ、金正恩氏による後継体制が始動して以来初めて米政府に対しコメ支援などに応じるよう求めており、食糧事情への焦りもうかがえる。
 正恩氏の新体制では軍の掌握も最大の課題とされるため、日本政府は今回のミサイル発射の意図を慎重に分析するとともに、防衛省・自衛隊がさらなる挑発行為に出てこないか警戒を強めている。
 3発のミサイルは11日午前、日本海に向け発射された。いずれも旧ソ連製の短距離弾道ミサイルSS21を改良した移動発射式の「KN02」(射程約120キロ)とみられる。
 北朝鮮はKN02をさらに改良した地対空ミサイル「KN06」(射程100~110キロ)の開発も進めている。改良に伴い性能試験が必要となるため、今回発射したのはKN06だった可能性もある。
 北朝鮮は昨年12月19日にも2発のミサイルを発射している。その際、米軍はミサイルの動きを監視する電子偵察機「RC135S(コブラボール)」を日本海で飛行させるなど警戒していた。
 このミサイル発射は、金総書記の存命中に計画が決定されていたものだったとの見方が強い。日本政府は総書記の死去発表で軍が計画を急遽(きゅうきょ)変更し、その際に予定していた残りの3発を今回発射したとみている。

金正日総書記死去~混沌(カオス)化する朝鮮半島情勢に備えよ!~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が死亡したことが19日、判明しました。北朝鮮の発表によると、17日に現地指導に向かう列車内で重症の急性心筋梗塞に見舞われ、心原性ショックを併発したとしています。
後継者には、三男の金正恩(キム・ジョンウン)中央軍事委員会副委員長に確定しており、軍部を中心にした集団指導体制が当面、図られると見られています。
金正日氏は拉致行為、日本に向けたミサイル訓練、核開発など、日本の安全保障を大きく揺るがしました。日本国内でも、金正日氏の死去により、北朝鮮の軟化を期待する評論も出ていますが、状況は決して甘いものではありません。
後継となる金正恩氏は、金正日氏の三人の息子の中で最も権力欲が強く、闘争的で、狡猾な父親の性格を受け継いでおり、今後、金正恩氏が権力を掌握すれば、強硬路線を引き継ぎ、「金王朝」を強化する方向性は確実です。
また、圧倒的な統率力で独裁体制を維持した金正日総書記からの正式な権力継承が完成していない段階での金正日氏の死去は、中国、アメリカ、韓国、ロシア等、周辺諸国の様々な思惑と利害の衝突によって、極東の政治状況の一層の混沌(カオス)に拍車をかけることは必至です。
北朝鮮の今後のシナリオとしては、以下のような事態が想定されます。
 
(1)金正恩氏が軍を掌握して体制を維持し、強権を発動して「若き独裁者」として、「先軍政治」を掲げる従来の北朝鮮の路線を継承する。
この場合、来年2012年は金日成生誕100年、金正日生誕70年、金正恩生誕30年となる「記念の年」として、「強盛大国の大門を開く」とのスローガンを掲げて来ただけに、金正恩体制への移行に伴い、権力を誇示するための軍事行動に走る可能性は高いと考えられます。
2010年11月の延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件は、「砲撃戦術の専門家」と称する金正恩氏の「権力継承に向けた実績づくり」であると言われています。
そして既に、金正日総書記死亡直後に、北朝鮮は射程およそ100kmほどの短距離ミサイルを日本海側に発射しており、強硬路線は既に始まっています。
※参照:12/19FNN「北朝鮮、金正日総書記の死後の19日朝に短距離ミサイルを日本海に向け発射」
⇒http://p.tl/n4OG

 
(2)20代後半という年齢と力量不足から、金正恩氏が権力の継承に失敗し、内部で権力闘争が発生し、内乱状態に突入する。
 
(3)その場合、反権力勢力がクーデターを起こして中国に介入を要請。中国が「権益保護」を名目に介入し、北朝鮮に中国傀儡政権を誕生させる可能性も。その後、その中国傀儡政権による半島統一(「赤化統一」)を図る。
 
(4)北朝鮮の政権が不安定化、内乱が発生した場合、アメリカが中国より先にリーダーシップをとって国連軍の介入を行う。
 
特に(3)の場合、すでに中国は北朝鮮と2007年、北朝鮮の最北部の不凍港・羅津(ラジン)港の50年間の租借権を結んでいます。それは港の借受だけでなく、その地に中国が行政権を執行するという、紛れも無い現代の「植民地政策」です。
中国は既に、この港の近くの羅先(ラゾン)の国境線に人民解放軍を進駐させ、北朝鮮での突発事項の際に介入する準備を完了させていると言われています。
また、これまでの金正日総書記と中国の関係は、決して「蜜月」と言えるものではなく、金正日総書記は中国を嫌い、中国も総書記を信用しておらず、その操縦に手を焼いていたと言われています。
この機に乗じて、中国が内部分裂工作を仕掛け、一気に北朝鮮を属国化する可能性も否定できません。
いずれにしても、今後の北朝鮮の行方の鍵を握っているのは、エネルギーや食糧援助で北朝鮮の生殺与奪権を握っている中国です。
そして金正恩氏がスムーズに政権を継承しても、そうでなくても、今回の事態を契機に、中国は、かつての明や清の時代のように、北朝鮮の属国化を進め、虎視眈々と韓国も含めた朝鮮半島全体の併呑を狙ってくるのは間違いないでしょう。
そうした中国の野心を踏まえつつ、日本は今後、難民対策やテロ、核ミサイル発射を含め、あらゆる有事を想定した安全保障上の対策を講じていく必要があります。
何よりも、北朝鮮は、既に核ミサイルを数発から最大20発保有していると見られている「核保有国」であり、露骨な「反日国家」です。
今回の金正日総書記死去が、今後、アジア全体の戦乱と動乱の危険性の引き金となり、日本の安全保障の危機が高まる可能性は低くはありません。
そうした中、日本政府は、藤村官房長官が、拉致実行の最高責任者である金正日氏に対して「哀悼の意」を表明するなど、「平和ボケ」していると言わざるを得ません。
日本政府としては、早急に日米同盟・日米連携を強化し、日米韓で北朝鮮に関する内部情報を収集し、認識を共有すると共に、この機会に、国際社会に働きかけ、あらゆる手段を使って拉致被害者救出のチャンスを探っていくべきです。
また、朝鮮半島有事など、最悪の事態を想定し、「憲法9条改正」を含めた有事における国防体制を構築していくことが急務です。

金正日総書記、死去

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金正日総書記が死去したというニュースが飛び込んできました。
(2011/12/19 産経新聞 12時6分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000511-san-int
【ソウル=加藤達也】北朝鮮の朝鮮中央テレビと朝鮮中央放送、平壌放送は19日正午からの「特別放送」で、最高指導者の金正日総書記が死去した、と伝えた。69歳だった。葬儀の日程などは不明。
 北朝鮮は昨年から金総書記の三男で朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長を務める金正恩氏を中心とする三代世襲態勢への移行を推進していた。金総書記の死去が今後の北の核活動を含む対外政策にどのように影響するか、米韓など各国は不測の事態に備え情報の収集と分析に全力を挙げる。
 ラヂオプレス(RP)によると、朝鮮中央テレビは同日午前10時、正午からの特別放送を予告。その際、アナウンサーが悲しい表情をしていたうえ、背景音楽が「将軍」を称える主旨の曲調だったことから死亡したとの見方が有力だった。
 北朝鮮では2010年9月、朝鮮労働党代表者会を44年ぶりに開催し、正恩氏を後継者に選出。健康に不安を抱える金総書記の死後の“金王朝”の安泰をアピールし、国内の安定を図ってきた。
 北朝鮮は核開発に力を入れ、06年10月と09年5月に核実験を実施。既に数発の核爆弾を保有しているとみられている。また10年には米国の核専門家に対してウラン濃縮施設を公開するなど、核を恫喝(どうかつ)外交の手段としてきた。
 金総書記は73年、31歳で党、軍の人事を握る朝鮮労働党組織指導部長、思想担当兼宣伝扇動部長に就任。翌年、労働党中央委員会で政治局員に選出され、金日成主席(94年死去)の後継者となった。08年8月に脳卒中で倒れたとされ、健康が不安視されていた。
 故金日成主席の生誕100年に当たり、自身も70歳を迎える12年を「強盛大国の大門を開く年」と位置付け、軍事強国を目指し、正恩氏の後継体制確立を推進してきた。
12/19のニュース
━━━━━━━━━
金正日総書記、列車内で移動中に死亡
---------------—
・金正日総書記死去、中国、急死を速報 北支援の姿勢強める?(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000520-san-int
・金正日総書記、死因は過労 列車内で死去(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000513-san-int
・「現地指導に向かう途中、肉体的過労で死亡」と(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000582-yom-int
・防衛省、警戒レベルは上げず=総書記死去で幹部ら緊急招集(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000051-jij-soci
・新華社も速報=中国、権力継承に重大関心―金総書記死去(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000044-jij-int
・中井元担当相、拉致問題への影響懸念―北朝鮮総書記死去(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000050-jij-pol
・めぐみさん母「事態動いて」=総書記死去に拉致被害者家族(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000049-jij-soci
・警察庁幹部「何も分からない」=北朝鮮総書記死去(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000047-jij-soci
・政府、情勢分析に全力=野田首相、事実関係確認を指示―北朝鮮総書記死去
(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000046-jij-pol
・前途多難な「正恩体制」=軍と張成沢氏らが補佐か―北朝鮮総書記死去(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000052-jij-int
・拉致被害者家族会の増元照明事務局長「チャンスと危険、両方兼ね備えた事象」
(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000518-san-int
・有事のドル買い加速=金正日総書記死亡で―東京金融市場(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000056-jij-int
・金正日総書記が死去=正恩氏に権力継承へ―北朝鮮情勢、不透明に(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000039-jij-int
・金正日総書記死去 蓮池透さん、不安と期待交錯「今後をみるしかない」(産
経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000524-san-int
・金正日総書記死去 外務省、米国や韓国と連携し情報収集(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000523-san-pol
・北朝鮮軍に特異な動きない=韓国軍当局者(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000055-jij-int
・金正日総書記死去、朝鮮総連京都府本部など関係者「一報はデマなのではと…」
(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000522-san-int
・金正日総書記死去、政府が安保会議 官邸対策室を設置(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000521-san-pol
・不測の事態に備える=金総書記死去で安住財務相(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000054-jij-pol

幸福実現党 総務会長
矢内筆勝

(やないひっしょう)

朝日新聞を退社後、幸福の科学に入局。主に広報部門を担当した後、月刊「ザ・リバティ」編集部を経て、広報局長、常務理事等を歴任。

NPO(非営利組織)「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」会長に就任。いじめ相談の傍らいじめ問題解決に向けて、全国でシンポジウムを開催。数多くのいじめを解決し、たくさんの子供たちと父兄の心を救済してきた。

主な著書としては、「いじめは犯罪!絶対に許さない」(お茶の水学術事業会)がある。

Follow me! 矢内筆勝facebook
  • 記事アーカイブ
YouTube やない筆勝チャンネル ニコニコ動画 やない筆勝チャンネル 沖縄・九州防衛プロジェクト
Follow me! 矢内筆勝facebook

y[Wgbv֖߂